まごころ市って?

こだわっています! 生鮮野菜100%地元宮津産

店内の様子1

地産の農産物、加工品を直売

宮津まごころ市は、生産者たちが自らの手でお店に野菜や加工品を運び、新鮮なままでお客様にお届けする直売所です。生鮮野菜はすべて地元宮津産!安心安全な地産地消と、自分たちの力でお客様にお届けする仕組みにこだわっています。また水産加工品についても、昔ながらの製法と地元の材料にこだわった商品を取り扱っています。

野菜や農産加工品のほかにも、ここでしか手に入らないものもたくさん。生産者の思いがダイレクトに伝わる宮津まごころ市にどうぞお越し下さい!

大阪の方が「ここの野菜よかったから」と また来られたり… うれしいですね!

主な販売商品

まごころパンフ
  • 野菜
  • 山菜
  • 果実
  • 花き
  • 玉子
  • 農産加工品
    こんにゃく、おこわ、もち、佃煮、漬物、味噌など
  • 水産加工品
    干物、冷凍干物、ちくわ、かまぼこ、てんぷら、うご、佃煮など
  • 宮津天橋立ブランド
  • TANGO GOOD GOODS認定商品
    ちりめん餅、酢、煮干、徳利いか、いかの塩辛、いかしそわかめ、羊かん、みかんジュースなど

※季節、日によっては販売していない商品もありますので、ご了承ください。

宮津まごころ市ができるまで

雨が降る日もテントを運んで、机や椅子を置いて…農家たちが月に一回、一緒に汗を流した日。宮津まごころ市は、テントの下でお客様に対面で野菜を販売する、「まごころ月市」から始まりました。

当時品揃えはまだまだだったけど、続けていくうちにお客様からも開催回数を増やして欲しい、もっと品物を増やして欲しい…という声が出始めました。

やがて「他の農家が作っていないものを作ろう!」という声が上がったり、地域資源を活かした加工グループを作ったりと、農家たちに変化が訪れたのです。

開所式

そして約4年の間、月に1回、テントでの販売を経て、ついに「これを常設の施設にして、もっとたくさんの人に提供しよう!」という動きになっていきました。

そして結成されたのが、生産者52人・団体で構成された宮津まごころ市運営組合。オープンの日は、新鮮な地元農産物等の直売のほか、豚汁の振舞い、安寿みかんの詰め放題などのイベントもあり、約500名の方の来店で、大盛況となりました。

開店

常設の直売所は、農家にとって大きな励みです。これからも旬の物を中心に、地元の安心・安全な商品を提供していきたい…と、農家・加工業者・スタッフたちが一丸になって取り組んでいきます!

時には他府県の方がわざわざお米を買いに来られたり… ありがとうございます!
  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする